2017年12月一覧

家族や子どもにインフルエンザを2次感染させないための予防方法

インフルエンザは感染力が強くママやパパが感染してしまうと赤ちゃんや子どもに2次感染をしやすいです。ウイルスの感染経路を知り、適切に予防をすれば、家族内でのうつし合いは減らすことができると考えます。外から持ち込ませないことが大切で、インフルエンザやノロウイルスもそうですが、効果のある次亜塩素酸水溶液を活用していきましょう!

新型インフルエンザの予防接種(ワクチン)について

新型のインフルエンザであっても季節性のインフルエンザでもワクチン接種が予防策の一つとしてとることができます。仮に、感染したとしても重症化する確率が下がるため意味があることが実証されています。赤ちゃんや子どもがいる親御さんも含めインフルエンザ対策をしていきましょう!

菌やウイルスがはっきり分かってなかった時代の感染症の予防方法について

私たちだって先人同様新型のウイルスや細菌、もしくはまだ知らないだけで死亡の原因となっている「なにか」に直面する、しているのかもしれません。感染症を防ぐためには、様々な予防法を組み合わせて行うことで感染するリスクを下げると同時に、原因についての知識を身につけることによって行動が変わってきます。

新型ウイルスの感染症SARSとMARS!今後の予防や対策について

私たちが暮らす21世紀は新型のインフルエンザや進化したウイルス・菌と人類は戦っていかなければいけません。SARS、MARSどちらもコロナウイルスという風邪の原因になる今まで注目されていなかったウイルスですが、遺伝子が少し変化するだけで強毒性(致死性)を持ってしまいました。

【まとめ】インフルエンザ予防マニュアル!これだけは試したい9の対策

インフルエンザの流行を抑える対策として感染者と感染予防する人の行動によって流行の度合いがかなり変わってきます。インフルエンザ予防対策ではこのようなポイントをいくつも合わせて行うことでで感染リスクを0%に近づけていけます。個人の対策、集団の対策を徹底してインフルエンザに負けないようにしましょう!