ノロウイルス対策に効果がある石鹸、マスクなどの商品をご紹介!

この記事シェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノロウイルスマスク

冬になると多くなるのが、風邪やインフルエンザ、そしてノロウイルス感染症です。

ノロウイルス感染症とは、ノロというウイルスが感染することによって引き起こされるウイルス性の感染症になります。

乳幼児から高齢者まで幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こすのが特徴で、長期免疫が成立しないため何度でもかかってしまいます。

こちらの記事も参考にどうぞ!

ノロウイルスを治療するための薬はない?感染した時の対処方法

ノロにかかるとどうなる?なる前に予防を

年間を通して発生しますが、主に冬場に多発して11月頃から流行し始めて12〜2月にピークを迎え3月から落ち着いてきます。

原因であるノロウイルスは人間の腸管内でのみ増殖します。乾燥や熱にも強く、自然環境かでも長期生存が可能で感染力が非常に強く少量のウイルスでも感染して、24〜48時間ほど発症します。

体内に入った後、小腸の上皮細胞で増殖して、胃の運動神経の低下や麻痺が伴うため主に腹痛や下痢、吐き気、嘔吐などの症状を引き起こします。48〜72時間にわたって症状が持続した後に回復期に入ります。

お腹の症状だけではなく、頭痛や発熱、悪寒、筋肉痛のような全体的な症状を伴うこともあります。

このウイルスに対しては、残念なことに効果的な抗ウイルス剤はなく、症状が現れた場合には対処療法を行っていきます。

ノロウイルス対策商品

対処療法に重要なのは、嘔吐や下痢などで水分不足になってしまうため脱水症にならないため、少しずつこまめに水分を補給していくことになります。

下記のサイトを参考に!

ノロウイルスにかかった時の飲み物!ポカリや経口補水液がオススメな理由

ノロウイルスに対して対策を立てるためには、感染する前に予防を行うことが重要です。

感染に効果のある商品は様々なものがあり、感染症を対策するにはこれだけすればいいというものではなく、ミックスして対策を行うべきです。

まず、感染予防の基本となるのが「手洗い」「うがい」です。特に調理前や食前、トイレの後などはしっかり石鹸などを使い、流水で洗うことが予防へとつながります。

手洗いには石鹸を使うとより効果的

このとき使う石鹸やハンドソープには、様々な対策となる商品があります。ただし、石鹸でノロウイルスは洗い流せますが不活化は難しいです。

「ビオレU泡ハンドソープ」は殺菌消毒をしながらも、汚れや臭いまですっきり洗い落とすことができます。

弱酸性のため潤いを守ってしっかり落とすことができ、二種類の香りがあるため好みの香りを選べることができ、使いやすいためノロに感染しやすい子供でもしっかり手を洗えると評判です。

「キレイキレイ」は、初めから泡で出てくるハンドソープです。手に残りにくいシトラスフルーティーな香りで、殺菌成分が配合されているため、手の汚れをきちんと落とすことができます。

最初から泡で出てくることから、泡立てるのが苦手という子供でも簡単に使うことができ、インフルエンザにも効果的です。

このようなハンドソープを購入しなくても、いつも使っている石鹸でも予防することはできます。

ただし、ノロウイルスは通常のアルコールではウイルス分解することができません。殺菌効果のない石鹸やハンドソープで手を洗うと手の脂や汚れを落とすことで、同時にウイルスも一緒に剥がれ落ちるという仕組みになっています。

それに加えて殺菌や消毒効果のあるものを使用すれば、より高い予防効果を期待することができます。

流水だけで洗う時と比較すると、石鹸やハンドソープで洗った時とでは手に残るウイルスの数は大きく違ってきます。そのためきちんと石鹸やハンドソープで洗うことが大切です。

口の中にも雑菌がいっぱい

手を洗うだけではなく、うがいをすることで口腔内のウイルスも除去していきます。

ウイルスは飛沫を吸い込んだりすることでも感染するため、口の中も除菌することで感染予防となります。

うがい薬にもいろいろなものがありますが、「コロロ」は口腔内の殺菌や消毒、洗浄、口臭の除去に活躍します。ほのかに甘く爽やかな後味のためうがい薬が苦手な人でも、抵抗なく使用できると思います。

「キレイキレイ」はうがい薬も販売しています。フルーツミントピーチ味とフルーツミントアップル味の香味を品揃えしており、苦味が少ないため子供でも嫌がらずにうがいを行うことができます。

殺菌成分がしっかり喉の奥まで殺菌消毒するためお水だけでうがいよりも効果があります。

家庭内の掃除には次亜塩素酸と次亜塩素酸ナトリウムを成分としたものを使う

次亜塩素酸水溶液の除菌剤

家の掃除には「キッチンハイター」や「ブリーチ」などの次亜塩素酸ナトリウムが主成分のもの、「キエルキン」や「ジアイーノ」など次亜塩素酸が主成分のものをご用意します。

※ジアイーノは空間除菌のみでスプレータイプではないです。

これらの商品は、アルコール消毒などは効果がないウイルスでも不活性化させることができます。

補足:各々「エビデンス」をノロウイルス代替ウイルスのネコカリシウイルスで取得しています。

ドアノブ、手すり、トイレ、蛇口、テーブルや椅子などの家族みんなが触れる場所も、ウイルスが付着している可能性が高いため、接触感染を防ぐためにも手指の消毒や手洗いは何度も言いますがこまめにおこないましょう。

特に冬場は、頻度を上げてスプレーを吹きかけて清掃し、ウイルスを寄せ付けないように。

ただし、次亜塩素酸ナトリウムには金属をさび付かせる作用やアルカリ性で皮膚を溶かしてしまうため取り扱いに注意してください

次亜塩素酸ナトリウム使用後は、金属の部分は消毒した後にしっかり水拭きすることが大切です。

ノロウイルスにマスクで対策は効果的?

ウイルスは不織布のマスクよりも小さく容易に侵入してきます。しかし、ロウイルスに感染している人がくしゃみなどした時の飛沫感染対策には効果があります。ノロよりもインフルエンザの対策する方が効果は高いです。

●プリーツマスクはプリーツ加工することで顔とフィットさせることができる

●立体マスクはぴったりフィットして隙間ができにくいなど

人に合わせてなるべく隙間ができないものを選ぶようにしましょう。マスクは基本、1日数枚使用し、使い捨てのものを選びます。

注意点ですが、マスクを長時間つけていると表面にウイルスが付着してマスクを触っていると逆にそこから侵入しやすくなるとお医者さんが警鐘を鳴らしています。

参考マスクの長時間着けっぱなしリスクを医師が解説

このような対策をした上で、ノロウイルスを寄せ付けない対策をしましょう!以上、ノロウイルス対策に効果がある石鹸、マスクなどの商品をご紹介しました。

SNSフォローボタン

フォローする

この記事シェア!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSフォローボタン

フォローする