インフルエンザに感染した子どもへ与える抗ウイルス薬や座薬について

子どもも大人もインフルエンザの薬といえば、リレンザとタミフルなど同じ薬を使用します。子ども用に飲みやすくしていたり、年齢によって選ぶ薬が違ったり、市販の薬を飲む注意点などがあるので、お医者さんや薬剤師の指示に従ってください。子どもは薬を嫌がることが多いのでママの腕の見せ所ですね!飲むだけでなく座薬も処方されますので、使用方法を確認しましょう!

子どもがインフルエンザに感染した時に注意すべき合併症について

インフルエンザ脳症、肺炎、中耳炎など幼い子ども達は併発しやすいので、注意が必要です。只でさえ、少子高齢化が進む日本で子ども達は貴重な存在です。その子ども達が感染症によって後遺症が残ってしまう、亡くなってしまうことは国家の大きな損失です。だからこそ、感染症にならないために予防を進めて社会全体で対策していくべきですね。

ママが赤ちゃんに授乳する時に知るべきインフルエンザについて

ママがインフルエンザに感染した後でも、熱が下がっていること、抗ウイルス薬を続けて2日以上飲んでいること、咳や鼻水が治っていれば、普段通り赤ちゃんに与えることができます。もちろん、与える際には除菌する方がいいですし、他の予防法も試せるものはするべきだと考えます。

家族や子どもにインフルエンザを2次感染させないための予防方法

インフルエンザは感染力が強くママやパパが感染してしまうと赤ちゃんや子どもに2次感染をしやすいです。ウイルスの感染経路を知り、適切に予防をすれば、家族内でのうつし合いは減らすことができると考えます。外から持ち込ませないことが大切で、インフルエンザやノロウイルスもそうですが、効果のある次亜塩素酸水溶液を活用していきましょう!

新型インフルエンザの予防接種(ワクチン)について

新型のインフルエンザであっても季節性のインフルエンザでもワクチン接種が予防策の一つとしてとることができます。仮に、感染したとしても重症化する確率が下がるため意味があることが実証されています。赤ちゃんや子どもがいる親御さんも含めインフルエンザ対策をしていきましょう!

菌やウイルスがはっきり分かってなかった時代の感染症の予防方法について

私たちだって先人同様新型のウイルスや細菌、もしくはまだ知らないだけで死亡の原因となっている「なにか」に直面する、しているのかもしれません。感染症を防ぐためには、様々な予防法を組み合わせて行うことで感染するリスクを下げると同時に、原因についての知識を身につけることによって行動が変わってきます。

新型ウイルスの感染症SARSとMARS!今後の予防や対策について

私たちが暮らす21世紀は新型のインフルエンザや進化したウイルス・菌と人類は戦っていかなければいけません。SARS、MARSどちらもコロナウイルスという風邪の原因になる今まで注目されていなかったウイルスですが、遺伝子が少し変化するだけで強毒性(致死性)を持ってしまいました。

【まとめ】インフルエンザ予防マニュアル!これだけは試したい9の対策

インフルエンザの流行を抑える対策として感染者と感染予防する人の行動によって流行の度合いがかなり変わってきます。インフルエンザ予防対策ではこのようなポイントをいくつも合わせて行うことでで感染リスクを0%に近づけていけます。個人の対策、集団の対策を徹底してインフルエンザに負けないようにしましょう!

怖い感染症エボラ出血熱について!日本でも感染する可能性はある

世界の人口が74億人に達し、人口が等比数列的に増えている21世紀に生きる私たちは、都市部に住み人口密度がより高くなり、村集落から都市部の交流が活発化し、さらに電車や飛行機などの交通機関が発達し、世界は狭くなりました。その結果、感染者が多くなりその人たちが縦横無尽に移動することで世界各国へエボラウイルスが拡散してしまいました。

インフルエンザが完治するまで出勤・登校しない!家でも2次感染を防ぐ

インフルエンザになった後熱が下がったからといって会社や学校にはすぐにはいけません。解熱後2日はしっかり療養に努めてください。インフルエンザの完治する目安は1週間程度で、人との接触を避けて感染者が拡散しないようにすることが大切です。2次感染しないように家でも除菌やウイルスを除去するようにして対策をおこなってください。