ノロウイルスにかかった時は仕事・学校を休む!他人にうつさないことで集団感染を防ぐ

ノロウイルスで長い休みを取ってしまうと、仕事や勉学などに支障を来してしまう可能性があります。しかし、この研究の結果によると、仕事場に持ち込んでしまい逆に、迷惑をかけてしまい結果、生産性が落ちてしまいます。従って、療養をしっかりして完全復活してから学校も仕事も行くほうが賢明です。

インフルエンザの生存期間はどのくらい?インフル対策のアルコール除菌剤の注意点

除菌=アルコールというイメージが日本人は多いですが、使用するときには注意が必要です。先日もニュースで子供がアルコール除菌剤を誤飲したという事故が起きたとありました。実は、それはその除菌剤からいい匂いに誘引されて、間違って赤ちゃんや子どもが飲んでしまうことが1番の原因です。

インフルエンザ脳症の体験談をご紹介!インフルの治療薬、解熱剤について

インフルエンザが重症化してインフルエンザ脳症を患う事例が年間で100件前後あり小さな子供に多いです。インフルエンザの治療薬としては48時間以内にタミフルを服用すると効果がありますが、悪化してインフルエンザ脳症の疑いがあるときは専門的な病院に行き入院をする必要があります。

ノロウイルスは何度も感染する?ノロの原因(カキ)、検査、予防接種について

ノロウイルスは、カキが主な感染経路で腸で増殖します。ワクチンが開発されていなく国内でも流行性の胃腸炎の主な原因になっています。ノロウイルスは一度感染したとしても再度感染してしまう可能性が高いです。さらに、アルコール除菌の効果がないと言われていますので、予防する際には以下のことが大切です。

【まとめ】主な定期予防接種と任意ワクチン接種でどんな病気を予防できるか

今では、予防接種は義務接種ではなく、努力接種となっていて、推奨となっています。まずは、病気になるとどのような不利益を被るのか知ることが予防するための第1ステップだと思います。そして、ワクチンの副作用について考えて定期接種のみでなく、任意接種もできれば受けることをオススメします!

重症化する感染症予防のためのワクチン接種の歴史から現在の現状

戦後、予防接種法が制定され、12種の疾病が対象になり効果が出ていましたが、ワクチンの副作用により健康被害も出てしまったという歴史がありました。世界的にもワクチンの技術開発が促進し、日本でもより安全に予防接種ができるようになりました。定期接種だけでなく、任意接種も受けることを推奨します。

インフルエンザワクチンの予防接種はいつから?ワクチンと副作用について

インフルエンザのシーズンになる10月頃には家族みんなで予防接種を受けることによって、感染する確率を下げることができます。予防としては、人ごみを避けること、手洗いやうがいを欠かさないこと、次亜塩素酸水の除菌剤を使用して人が触る部分に吹きかけて全体のウイルス数を減らすことが効果的です。