【まとめ】主な定期予防接種と任意ワクチン接種でどんな病気を予防できるか

今では、予防接種は義務接種ではなく、努力接種となっていて、推奨となっています。まずは、病気になるとどのような不利益を被るのか知ることが予防するための第1ステップだと思います。そして、ワクチンの副作用について考えて定期接種のみでなく、任意接種もできれば受けることをオススメします!

重症化する感染症予防のためのワクチン接種の歴史から現在の現状

戦後、予防接種法が制定され、12種の疾病が対象になり効果が出ていましたが、ワクチンの副作用により健康被害も出てしまったという歴史がありました。世界的にもワクチンの技術開発が促進し、日本でもより安全に予防接種ができるようになりました。定期接種だけでなく、任意接種も受けることを推奨します。

インフルエンザワクチンの予防接種はいつから?ワクチンと副作用について

インフルエンザのシーズンになる10月頃には家族みんなで予防接種を受けることによって、感染する確率を下げることができます。予防としては、人ごみを避けること、手洗いやうがいを欠かさないこと、次亜塩素酸水の除菌剤を使用して人が触る部分に吹きかけて全体のウイルス数を減らすことが効果的です。

インフルエンザ時には脱水症状を防ぐ!オススメな飲み物とは

インフルエンザは高熱になり汗を通常よりもたくさんかくので、どうしても脱水気味になります。喉が乾いたなと思う前に、こまめに水分を取りましょう。スポーツ飲料を使って水分と電解質を補給することをオススメします。スポーツ飲料がない時には、砂糖と塩をうまく混ぜて少しずつゆっくり飲みましょう。