インフルエンザ一覧

インフルエンザに関連する予防・対策や知ってて知ってちょっと得する情報をご紹介しています。

インフルエンザウイルスの構造と増殖そして変異について

インフルエンザウイルスのようなRNAウイルスは、複製する時に、「完全コピー」しない時があります。つまり失敗のまま複製してしまいます。その結果、新しい遺伝子ができ、「HA」、「NA」のタンパク質の構成や少しだけアミノ酸の配列が違うタンパク質が生まれて、突然変異のウイルスが生まれます。

保育園・幼稚園でインフルエンザやノロウイルスを広げないためにすべきこと

やむをえず嘔吐や下痢があっても登校されるケースがありますが、基本的に受け入れはしてはいけません。必ず発熱、嘔吐、下痢の状況を確認してから登園受け入れをしてください。感染症は人から人に伝播していくため、タオルなど子供たちが共有するものを無くし別々にすべきです。

【強毒型】新型インフルエンザのすべて〜自分の身は自分で守る〜

季節性のインフルエンザとは違い強毒型のインフルエンザは死に至る確率が比になりません。なので、自分の身は自分で守るしかありません。・強毒型インフルエンザウイルスへの変異の可能性は十分ある・インフルエンザはもともと水鳥が持っている・新型インフルエンザの拡大は防げない

インフルエンザに感染した子どもへ与える抗ウイルス薬や座薬について

子どもも大人もインフルエンザの薬といえば、リレンザとタミフルなど同じ薬を使用します。子ども用に飲みやすくしていたり、年齢によって選ぶ薬が違ったり、市販の薬を飲む注意点などがあるので、お医者さんや薬剤師の指示に従ってください。子どもは薬を嫌がることが多いのでママの腕の見せ所ですね!飲むだけでなく座薬も処方されますので、使用方法を確認しましょう!

子どもがインフルエンザに感染した時に注意すべき合併症について

インフルエンザ脳症、肺炎、中耳炎など幼い子ども達は併発しやすいので、注意が必要です。只でさえ、少子高齢化が進む日本で子ども達は貴重な存在です。その子ども達が感染症によって後遺症が残ってしまう、亡くなってしまうことは国家の大きな損失です。だからこそ、感染症にならないために予防を進めて社会全体で対策していくべきですね。

ママが赤ちゃんに授乳する時に知るべきインフルエンザについて

ママがインフルエンザに感染した後でも、熱が下がっていること、抗ウイルス薬を続けて2日以上飲んでいること、咳や鼻水が治っていれば、普段通り赤ちゃんに与えることができます。もちろん、与える際には除菌する方がいいですし、他の予防法も試せるものはするべきだと考えます。

家族や子どもにインフルエンザを2次感染させないための予防方法

インフルエンザは感染力が強くママやパパが感染してしまうと赤ちゃんや子どもに2次感染をしやすいです。ウイルスの感染経路を知り、適切に予防をすれば、家族内でのうつし合いは減らすことができると考えます。外から持ち込ませないことが大切で、インフルエンザやノロウイルスもそうですが、効果のある次亜塩素酸水溶液を活用していきましょう!

新型インフルエンザと季節性のインフルエンザ予防接種(ワクチン)について

新型のインフルエンザであっても季節性のインフルエンザでもワクチン接種が予防策の一つとしてとることができます。仮に、感染したとしても重症化する確率が下がるため意味があることが実証されています。赤ちゃんや子どもがいる親御さんも含めインフルエンザ対策をしていきましょう!