インフルエンザ一覧

インフルエンザに関連する予防・対策や知ってて知ってちょっと得する情報をご紹介しています。

インフルエンザは世界中で蔓延している感染症! WHOの取り組みとは

WHOは、世界中のインフルエンザの活動を監視するために、WHO GISRSシステムを1952年に設立しました。インフルエンザの診断、抗ウイルス薬に対する感受性モニタリング、疾病監視および流行スピードの把握など地域、国そして世界的なインフルエンザに対する対応能力を強化しています。

抗インフルエンザ薬はどのような作用か?新型インフルエンザへの効果は

抗インフルエンザ薬では、インフルエンザウイルスの型が違ってもある程度は効果があることが分かっています。抗インフルエンザ薬にはM2阻害剤、ノイラミニダーゼ阻害剤、キャップ依存性エンドヌクレアーゼ阻害剤の3種類あり各々違うメカニズムによってウイルスの増殖を阻害します。

インフルエンザウイルスの構造と増殖そして変異について

インフルエンザウイルスのようなRNAウイルスは、複製する時に、「完全コピー」しない時があります。つまり失敗のまま複製してしまいます。その結果、新しい遺伝子ができ、「HA」、「NA」のタンパク質の構成や少しだけアミノ酸の配列が違うタンパク質が生まれて、突然変異のウイルスが生まれます。

保育園・幼稚園でインフルエンザやノロウイルスを広げないためにすべきこと

やむをえず嘔吐や下痢があっても登校されるケースがありますが、基本的に受け入れはしてはいけません。必ず発熱、嘔吐、下痢の状況を確認してから登園受け入れをしてください。感染症は人から人に伝播していくため、タオルなど子供たちが共有するものを無くし別々にすべきです。

【強毒型】新型インフルエンザのすべて〜自分の身は自分で守る〜

季節性のインフルエンザとは違い強毒型のインフルエンザは死に至る確率が比になりません。なので、自分の身は自分で守るしかありません。・強毒型インフルエンザウイルスへの変異の可能性は十分ある・インフルエンザはもともと水鳥が持っている・新型インフルエンザの拡大は防げない

インフルエンザに感染した子どもへ与える抗ウイルス薬や座薬について

子どもも大人もインフルエンザの薬といえば、リレンザとタミフルなど同じ薬を使用します。子ども用に飲みやすくしていたり、年齢によって選ぶ薬が違ったり、市販の薬を飲む注意点などがあるので、お医者さんや薬剤師の指示に従ってください。子どもは薬を嫌がることが多いのでママの腕の見せ所ですね!飲むだけでなく座薬も処方されますので、使用方法を確認しましょう!