インフルエンザ一覧

【まとめ】インフルエンザ予防マニュアル!これだけは試したい9の対策

インフルエンザの流行を抑える対策として感染者と感染予防する人の行動によって流行の度合いがかなり変わってきます。インフルエンザ予防対策ではこのようなポイントをいくつも合わせて行うことでで感染リスクを0%に近づけていけます。個人の対策、集団の対策を徹底してインフルエンザに負けないようにしましょう!

インフルエンザが完治するまで出勤・登校しない!家でも2次感染を防ぐ

インフルエンザになった後熱が下がったからといって会社や学校にはすぐにはいけません。解熱後2日はしっかり療養に努めてください。インフルエンザの完治する目安は1週間程度で、人との接触を避けて感染者が拡散しないようにすることが大切です。2次感染しないように家でも除菌やウイルスを除去するようにして対策をおこなってください。

インフルエンザの生存期間はどのくらい?インフル対策のアルコール除菌剤の注意点

除菌=アルコールというイメージが日本人は多いですが、使用するときには注意が必要です。先日もニュースで子供がアルコール除菌剤を誤飲したという事故が起きたとありました。実は、それはその除菌剤からいい匂いに誘引されて、間違って赤ちゃんや子どもが飲んでしまうことが1番の原因です。

インフルエンザ脳症とは?その治療薬・解熱剤について

インフルエンザが重症化してインフルエンザ脳症を患う事例が年間で100件前後あり小さな子供に多いです。インフルエンザの治療薬としては48時間以内にタミフルを服用すると効果がありますが、悪化してインフルエンザ脳症の疑いがあるときは専門的な病院に行き入院をする必要があります。

インフルエンザワクチンの予防接種はいつから?ワクチンと副作用について

インフルエンザのシーズンになる10月頃には家族みんなで予防接種を受けることによって、感染する確率を下げることができます。予防としては、人ごみを避けること、手洗いやうがいを欠かさないこと、次亜塩素酸水の除菌剤を使用して人が触る部分に吹きかけて全体のウイルス数を減らすことが効果的です。

インフルエンザ時には脱水症状を防ぐ!オススメな飲み物とは

インフルエンザは高熱になり汗を通常よりもたくさんかくので、どうしても脱水気味になります。喉が乾いたなと思う前に、こまめに水分を取りましょう。スポーツ飲料を使って水分と電解質を補給することをオススメします。スポーツ飲料がない時には、砂糖と塩をうまく混ぜて少しずつゆっくり飲みましょう。