予防一覧

日本で主な性感染症とエイズ・HIVの効果的な予防策とは?

他の感染症と異なり、性感染症は1対1で増えていきます。効率よく感染できないため、宿主に侵入すると免疫に負けないように進化(生き残った)したウイルスが多いです。自分が生き残っていくために宿主に病的症状が出にくく重症になるケースは少なくないです。(エイズは例外です)

【強毒型】新型インフルエンザのすべて〜自分の身は自分で守る〜

季節性のインフルエンザとは違い強毒型のインフルエンザは死に至る確率が比になりません。なので、自分の身は自分で守るしかありません。・強毒型インフルエンザウイルスへの変異の可能性は十分ある・インフルエンザはもともと水鳥が持っている・新型インフルエンザの拡大は防げない

ママが赤ちゃんに授乳する時に知るべきインフルエンザについて

ママがインフルエンザに感染した後でも、熱が下がっていること、抗ウイルス薬を続けて2日以上飲んでいること、咳や鼻水が治っていれば、普段通り赤ちゃんに与えることができます。もちろん、与える際には除菌する方がいいですし、他の予防法も試せるものはするべきだと考えます。

家族や子どもにインフルエンザを2次感染させないための予防方法

インフルエンザは感染力が強くママやパパが感染してしまうと赤ちゃんや子どもに2次感染をしやすいです。ウイルスの感染経路を知り、適切に予防をすれば、家族内でのうつし合いは減らすことができると考えます。外から持ち込ませないことが大切で、インフルエンザやノロウイルスもそうですが、効果のある次亜塩素酸水溶液を活用していきましょう!

新型インフルエンザと季節性のインフルエンザ予防接種(ワクチン)について

新型のインフルエンザであっても季節性のインフルエンザでもワクチン接種が予防策の一つとしてとることができます。仮に、感染したとしても重症化する確率が下がるため意味があることが実証されています。赤ちゃんや子どもがいる親御さんも含めインフルエンザ対策をしていきましょう!

菌やウイルスがはっきり分かってなかった時代の感染症の予防方法について

私たちだって先人同様新型のウイルスや細菌、もしくはまだ知らないだけで死亡の原因となっている「なにか」に直面する、しているのかもしれません。感染症を防ぐためには、様々な予防法を組み合わせて行うことで感染するリスクを下げると同時に、原因についての知識を身につけることによって行動が変わってきます。

新型ウイルスの感染症SARSとMARS!今後の予防や対策について

私たちが暮らす21世紀は新型のインフルエンザや進化したウイルス・菌と人類は戦っていかなければいけません。SARS、MARSどちらもコロナウイルスという風邪の原因になる今まで注目されていなかったウイルスですが、遺伝子が少し変化するだけで強毒性(致死性)を持ってしまいました。